俺の乳牛、いちばん搾り!

えーマジ1年以上書いてないんですけどー! まじやばいんですけどー!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【怪談】 真夜中の訪問者

夜這いじゃない! 1



暑くなってまいりました・・・




といった訳で
またしても 怖い話を思い出したので 書きますよ


これは昔、私の体育の先生から聞いた話なんですが

その先生──  仮に 神田先生 としておきましょうか


神田先生は大学時代 一人暮らしで小さいアパートみたいなところに住んでたそうなんですが

まぁ、これと言った 事件、事故もなく  楽しく暮らしていたようでして
彼自身も霊体験に遭遇してしまったことは一度もなかったみたいなんですね。




そして、ある日の夕暮れ────


なんだかコタツに入っていると  急に スーーッと眠くなってきて

コタツで仰向けになるようにして そのまま寝てしまいました。

こんなことって一人暮らしの大学生ならよくあることですよね。








しかし、神田先生は突然の苦しさに襲われ 目を覚ましました・・・










(あれ? おかしいな・・・?)








(窓・・・閉めたはずなのに・・・・・・・・・・・・・)



(開いてる・・・・・・・?)












閉めたはずだった窓が開いており   

風はなくカーテンは静寂を保っています。





そして、そのときまた   彼はあることに気がつきました







(体が・・・・・・・・動かない・・・・・?)





(まさか・・・金縛りってやつか・・・・・・・・・・)



すると、開いていた窓のほうから   誰かが入ってくるのを彼は感じ取りました














見知らぬ女です。













体はまだ動きません。






しかし、大学生の彼は そのとき恐怖は覚えず   若気の至りでしょう

このことを ”夜這い” だと思ったそうです

そのため彼はこの人影を見て




(名前を聞いておこう!)




と、そんなバカなことを思ったそうです。










そんなことを考えていると────  











その女は まるで糸に吊るされているかのような動きで
彼の寝ている真上まで来ました────






そして、そのままスーーーーッっと降りてきて














彼の顔の数センチ手前まで  顔を持ってきて

彼のほうを生気のない眼差しで 見つめていました。
















ここで彼はその女がただならぬものだと理解し、同時に恐怖を覚え   

動かない手足を思いっきり   全身の力をこめて動かしました。






すると   彼の金縛りはとけ    その女は姿を消しました。




しかし 彼は動けるようになった後     しっかりと見たそうです。























窓のカーテンが一瞬     外に向かってなびくのを・・・





















ああ~~怖いですねぇ~~^^;


まぁ、金縛りってのは科学的に解明された症状ですので  遭遇したときは落ち着くことが大切ですね!

以上!次女!   夜這いって  あんたww
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2009/07/17(金) 18:21:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エンドレスエイトぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!! | ホーム | エンドレスエイト・・・終わ~~~っれ!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shimaifuragu.blog67.fc2.com/tb.php/212-f4cdfbd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。